国語学
習会外

主宰者 荒尾 紀倫
(関東学院大学
非常勤講師)

仕事をする人のための外国語楽々学習法

Tick-Tack語学ソフト

Tick-Tack:外語学学習への新しいアプローチ

ホーム
学習会の目標
私のプロフィール
Tick-Tack語学
ソフト

  ▲
語学ソフトの概要
  ▲
50ケ国の言語
  ▲
語学ソフトの話題
 
Tick-Tackのコンセプト
 
オンライン版の使用法
  ▲
CD版の使用法
  ▲
価格、注文、支払
  ▲
Tick-Tackの顧客リスト
  ▲
Promoticsプロジェクト
Tick-Tack学習コース
貿易英作文コース
FAQ
お問合せ
語学学習リンク集
法的通知
サイトマップ

 

 

 

David Sephton

 

Anne Sephton

 

 

My message to language learners everywhere

  Tick-Tack is one of those brilliant ideas that everyone wishes they had thought of.  Simple to use, it provides a wonderful stimulus to anyone wanting to improve their confidence in learning a language.

  My wife Anne and I, both keen linguists from Oxford , refined the idea as a hobby and then developed and perfected it, making it into an international success story.

  Tick-Tack offers a library of complete sentences, relevant to the subject, each with a code-number, and a direct equivalent in other languages. Choosing your sentences and then selecting the same code-number in the chosen language, creates a draft text, correct and authentic, ready for editing to make it say exactly what you want. Manipulating the text to turn it into the final document is hugely motivating and of great educational benefit.

  The main languages and programs include tasks and exercises, voice-recordings and wordlists.  Available on DVD, Tick-Tack offers 30 programs covering 50 languages. Some of the programs are also on-line. As well as almost all European languages it also includes Japanese, Chinese, Arabic, Indonesian, Malay and Armenian.

  Tick-Tack is used enthusiastically by teachers in universities and schools all over Europe and further afield. It is being continuously updated and enlarged.

  Tick-Tack will prove of great help to all who want to use a second language more efficiently - whether in their work or socially. 
 
David Sephton  

August 2011

(日本語訳はここをクリックしてください。)

 


デイビッド・セフトン氏の講演から抜粋
 

問題点
 

 外国語を学ぶうえで一番難しいのは、どの単語や熟語を使ったらいいのかがわからないことです。学校で単語や熟語をたくさん教わりましたが、必要なときに思い出せません。思い出してもちゃんと使っているのか、書いていても間違いなく書いているのか確信がありません。 

 結局、外国語の学習は、難しくて、楽しいことではなくなってしまいます。また、文章を書いてもうまく書けず、不正確で、自信を失ってしまいます。 

原因 

 言葉に関する記憶装置は、小さいかごと大きな貯蔵室の二つからできていると思います。小さいかごには、私たちが毎日使う単語や熟語、それに、ひんぱんには使わないけれども必要なときに直ぐに思い出せる単語や熟語が入っています。 

 大きな貯蔵室には、私たちがこれまでに学びはしましたが、ちょっとやそっとの努力ではなかなか思い出せない単語や熟語が入っています。そんな単語や熟語は、私たちの小さいかごには入っていません。 

 何が難しいかと言えば、大きな貯蔵室から必要な単語や熟語を取り出して、小さいかごに入れることです。そうするには大変な努力が要りますし、うまく行かないことがしばしばですから、辞書に頼ったり、あるいは、結局使わないで済ましてしまうこともあります。 

 何か重要なことを熟慮して書く必要がある時は、母国語でも同じことが言えます。それが外国語ともなれば、問題はずっと難しくなります。並大抵の努力では済まされませんし、大きなストレスになりかねません。単語や熟語を知ってはいても、簡単に思い出したり、正確に思い出したりすることができないことがよくあります。 

結果 

 殊に月曜日の朝になってこれから仕事をしようとしても何から始めたらよいのかわからず戸惑いを感じられた方は、たくさんおられると思います。そんなときには、自信を失ったり、興味がなくなったり、意欲が減退したりします。 

 皆さんの中には、大きな希望をもって外国語の勉強を始めたけれども、いったん進歩がなくなり、面白くなくなると興味がさめてしまったという経験をされたことがおありでしょう。それで、わたしには外国語は向いていないのだと結論づけて簡単に諦めてしまう方がたくさんおられます。 

Tick-Tackの解決法 

 そんなとき、Tick-Tackが皆さまを救いに参ります。Tick-Tackは、ユニークな解決方法を皆さまにお届けします。書きたいことがうまく表現できなくてお困りになっている文例集を母国語と目的言語の二つの言語でお届けします。この文例集を使えば、皆さまの小さいかごに適切な単語や熟語や文を加えることができます。 

 文例は、テーマ毎に分類され、それぞれの文には、コード番号がついています。

 大文字はテーマを示し、番号はテーマの位置を示しています。そのうえ、例えば、L5は、英語、ギリシア語、ウェルズ語、アイルランド語、エストニア語、スワヒリ語その他全ての言語(ラテン語を含む)で同じことを意味するように、文は、言語をまたがって対応しています。 

Tick-Tack効果 

 これらの文を用いて、容易にそして正確に文章をつくり、これを編集して、皆さまの言いたいことが的確に表現されます。これは、骨の折れる仕事ですが、面白いので、ものすごい満足感を与えてくれます。最終的には、自分で作った文章よりはるかに立派な文章が出来上がる可能性があります。皆さんは、出来上がったものに何がしかの貢献をされたのですから、誇りをもって「自分でやったのだ」と言うことができます。 

 このシステムには、もう一つ有利な点があります。それは、母国語と目的言語で正確に表現されている文例集から必要な文を選択して様々な考えを述べることができるということです。 

 いったんスクリーン上で必要な文を選択したら、作業がすでに半ば完了したと感じ始めます。また、これが言いたかったのだと忘れていた言葉を見つけると、興味が沸いてきて、記憶が活性化します。 

大図書館 

 どのTick-Tackプログラムにも300から500の文例集が用意されていますので、いろんな文章をつくることができます。 

 この文例集は、言葉にやかましいネイティブスピーカーが時間をかけて作成したもので、しかも、逐語訳されたものではなく、ネイティブ・スピーカーならこういう状況ではこういうだろうという言葉と文の構造を使って作成されています。つまり、各言語で書かれている文例は、同じ状況で使われている「生きた言葉」なのです。 

Tick-Tack:新しいアプローチと焦点の変更 

 手紙を書くことは、今でも重要なことに変わりありませんが、現在では、手紙を書くことは、Tick-Tackの主眼点ではありません。 

 現在の焦点は、コンピュータの画面上で文章を作成する実地訓練を行うことです。つまり、言葉をバラバラにし、元の言葉にもどし、言葉を組み立て直すことによって、文章を作り直すという実地訓練です。 

 Tick-Tackの主な狙いは、学習者が練習問題を解き、自分の文章を作ることによって、文章の作成、編集、発言を行う能力を養うことです。画面上の文例を表示し、音声を聞いて、マイクで自分の発音を録音すれば、発音練習もできます。 

Windows 9598MENT42000XP 用最新版 

 Tick-Tackソフトウェアの最新版は、語学学習のあらゆる面、「読む」「書く」「聞く」「話す」すべての能力を養うお助けをします。創造的なライティングへの第1歩です。 

 現在、50の言語をカバーし、多くのレベルで利用できるの12のプログラムが用意されています。

デイビッド・セフトン氏の日本の学習者へのメッセージ

日本の外国語学習者の皆さまへ

Tick-Tackは、こんなものがあったらいいなと皆が願っている素晴らしいアイデアの1つです。簡単に使えますので、外国語の習得は可能だという確信を持ちたい方には大きな励ましになります
       私と妻のアンは、共にオックスフォード大学で言語学を学び、このアイデアを最初は趣味として実現し、そのうちに本格的な商品として開発・完成させました。
  
Tick-Tackには種々のテーマに関する例文集が用意されており、それぞれの例文にコード番号がつけられ、しかも、これらの例文は、他の言語と直接に対応しています。必要な例文を選択し、その中から目的言語の同じコード番号を選べば、格調のある正確な本物の文章が得られます。自分の言いたいことを最終文書に仕上げるためには、この文章を編集すればいいのです。
      英語、フランス語、ドイツ語などの主要な言語に関する語学ソフトには、課題、練習問題、音声録音および語彙集が提供されています。現在、ヨーロッパの言語を中心に50ヶ国の言語について12の語学ソフトがCD-ROMおよびオンラインで提供されています。現在、外国語学習会と協力してアジア諸国の言語を追加しているところです。
      Tick-Tackは、仕事や日常生活に外国語をもっと効率的に活用したいと思っておられるすべての日本の皆さまに大いに役立つものと確信しています。

デイビッド・セフトン
2004年4月
 

    Tick-Tack programs

外国語学習会(Language Learning Club;LLC)
主宰者 荒尾 紀倫
(関東学院大学非常勤講師)

261-0003 千葉市美浜区高浜5-26-9  
電話番号 043-277-8583  
FAX
番号 043-277-8583  
Email    
gaigogakushukai@cc.wakwak.com

 

ホーム学習会の目標私のプロフィールTick-Tack語学ソフトTick-Tack学習コース貿易英作文コースFAQ
お問合せ語学学習リンク集法的通知サイトマップ

Copyright (C) 2004 Language Learning Club (LLC) All Rights Reserved.